ページトップへ戻るボタン

NEWS

更新内容のお知らせ

岩手県遠野市でのパラスポーツ体験会

メイン画像

日時:7月7日(日) 10時~15時
場所:遠野市国体記念公園市民サッカー場、遠野市総合福祉センター体育館

 岩手県の遠野市から委託を受けて、パラスポーツ体験会を実施しました。遠野市は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたホストタウンに登録されており、視覚障害者5人制サッカー(通称:ブラインドサッカー)のブラジル代表が事前合宿を行っていました。今回は、ホストタウン活動の一環として、市民の人たちに「パラスポーツを体験してもらう」ことをテーマに、ブラインドサッカー・シッティングバレー・ボッチャ・アンプティサッカーという4種目の体験が行われました。その中で、順天堂大学から、特別支援教育学研究室とスポーツ社会学研究室に所属する大学院生が、シッティングバレー・ボッチャ・アンプティサッカーの3種目で指導を行いました。体験会には、お年寄りから子供まで幅広い年代の人たちが訪れ、普段触れる機会の少ないパラスポーツを楽しみながら、競技についての理解を深めていました。パラスポーツを身近に感じ、障害について考える良い機会になったのではないでしょうか。

戻るボタン

  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像

進むボタン